井上

出身校:松江工業高等専門学校 機械工学科

同じ学校・学科卒の先輩がいたのがきっかけで応募

島根自動機への就職を考え始めたきっかけは、島根自動機のインターンへの参加でした。

図面を見ながら、組立をして、段々と組みあがっていく過程が楽しかったんです。また、会社説明で自動車関連、食品・医療関係と幅広い業種のFA装置の製作をしているのを知って、すごいな―と思っていました。

いざ就職活動を始めてみて、同じ学科卒の先輩が入社しているのを知って、自分も応募することを決めました。

 

入社1年目の仕事は?

入社後、半年は製造部で組立の現場実習を行いました。インターンの時同様、組立業務は楽しく、半年はあっという間に終わってしまいました。

その後設計職に配属となりました。
設計の業務の流れはざっくりいうと、設備の全体構想→ユニットごとの詳細設計→部品図の作成と進みます。

自分は、まず部品図の作成業務を担当しました。
部品図を作るにも、加工担当の方がわかりやすいものにする必要があります。
例えば、『寸法値の取り方』『部品の全体像が分かりやすい図面』『納期の順守』など。
大変でしたが、段々と慣れてきて、できるようになってきました。

 

生みの苦しみと安堵感と達成感

部品図の作成後、固定部(設備のカバーなど)の設計を経て、
最近(設計職になって1年数カ月たった頃)、可動部のユニット設計を初めて任されることになりました…
動く機構の部分は、他の部分に干渉しないかなど、動かない部分の設計とは全然違います。

自分だけではわからず、頭を悩ませました。
今までの先輩方の図面を見たり、上司にいっぱい相談をして、なんとか終えることができました。
できた時は、正直「やっと終わったー!」という安堵感が先に来ました。そして、後から達成感も。

これから自分の設計図面をもとに製作されていくので、ちゃんと狙った通りに動くことを信じて、見守っていきたいと思います。

 

やってみてわかる先輩方のすごさ

上記のような仕事をしてみて思うのは、先輩たちのすごさです。
1つ1つの仕事が早く、ミスがない。
そして、優しい。
そんな先輩たちのようになれるように頑張っていきたいと思っています。

島根自動機のいいところ!

・大手企業のFA装置を作れるところ。